ANOBAKAの特徴・投資先実績・投資判断のフローを徹底解説

ANOBAKAの特徴・投資先実績・投資判断のフローを徹底解説

ハンズオン支援で投資後もしっかりとサポート、投資先の次回ファイナンス成功率85%を誇るのが強みのANOBAKAの特徴・投資先実績・投資判断のフローを解説します。




ANOBAKAの概要


設立

2015年10月21日

※ 2020年12月1日付で株式会社KVPより社名変更

ファンド規模

30億円程度

ファンドの特徴

ハンズオン支援で投資後もしっかりとサポートします。 また次回ファイナンスでは投資している会社の85%が成功しています。

投資ラウンド

Seed

バリュエーションレンジ

1億円~5億円

投資金額

1,000万円~5,000万円

リード投資

案件によってはリード投資もする

海外投資

案件によっては投資もする

タイプ

VC

投資スタイル

ハンズオン

投資テーマ

IT領域全般

地域性

その他

起業初心者からの相談歓迎

学生起業家・若手起業家からの相談歓迎

研究者からの相談歓迎

社会人からの相談歓迎

スタートアップへの転職相談歓迎

オフィス提供

会社HP

https://anobaka.jp/

連絡先(StartupList)

槙原さん葛西さん


ANOBAKAの組織体制

パートナー2名と、アソシエイト4名で運用しています。基本的には初回アソシエイトと面談をしてから、パートナーとの面談となります。


長野 泰和 代表取締役社長/パートナー

KLab株式会社入社後、BtoBソリューション営業を経て、社長室にて新規事業開発のグループリーダーに就任。その後、2011年12月に設立したKLab Venturesの立ち上げに携わり、取締役に就任。2012年4月に同社の代表取締役社長に就任。17社のベンチャーへの投資を実行する。2015年10月にKVPを設立、同社代表取締役社長に就任。KVPでは5年間で80社以上のスタートアップへ投資。2020年12月ANOBAKAを設立。


萩谷 聡 パートナー

2013年3月東北大学大学院理学研究科修了。在学中は自身でWebサービスを立ち上げ、運営。2013年KLab株式会社に入社後はゲーム事業部にてモバイルゲームの運用、新規ネイティブゲームの立ち上げに企画として従事。2015年4月よりKLab Ventures株式会社に参画し、複数の投資先ベンチャーの支援を実施。2015年10月に株式会社KVPに参画し、30社以上の投資実行、支援を実施。



中 縁嗣 アソシエイト

慶應大学在学時、業務委託やインターンとしてメガベンチャー・スタートアップ数社に参画。新規事業開発やマーケティング・リサーチ業務に携わる。

その後起業家としての活動を経て2019年9月より株式会社KVPに参画。アソシエイトとして、ソーシングや投資実行、メディアの編集長に従事。


葛西 飛鳥 アソシエイト

KLab株式会社でソーシャルゲームの運用を担当し、その後サイバーエージェントで新規案件の立ち上げやプロダクトマネージャーを経験。その後、独立しTipStockを共同創業。2C向けのビジネスナレッジサービスをローンチ。
2020年3月よりKVPに参画。アソシエイトとしてソーシング 、投資実行、投資先のハンズオンサポートに従事。

 

松永 和彰 アソシエイト

スローガン株式会社にてスタートアップの採用支援に従事し、法人営業マネージャーを務める。その後、グループ会社の立ち上げに参画し、新規部門を担当。2020年9月よりKVPに参画。アソシエイトとして、投資先のHR支援や採用代行に従事。

ANOBAKAの投資判断のフロー

審査プロセス

審査プロセスは以下のフローになります。


  • STEP①:初回面談

  • STEP②:社内会議

  • STEP③:投資委員会


審査開始から投資実行まで、最短では1ヶ月程度、平均すると2か月で投資意思決定をします。


審査に必要な書類

審査には以下の書類が必要です。


  • ピッチ資料

  • 事業計画書

  • 資本政策表

  • 株主名簿・定款


投資判断における審査ポイント

重視する点は以下です。


  •  市場規模

-どれくらいの規模の市場を狙っているか?

  • 経営陣

-事業領域に深い知見や造詣があるか?

-事業に対するコミット力があるか?

  • プロダクト

-社会の負を解決するものか?

-競合優位性はどこか?

-グロース戦略

  • 投資条件

-実績とバリエーションがKVPとして許容できるか?


ANOBAKAの投資先



以上のスタートアップなどに投資しています。

https://anobaka.jp/portfolio/


代表的な投資先企業:CBcloud


画像出典元:会社HP https://cb-cloud.com/


【事業概要】荷物を届けたい人とフリーランスドライバーを繋ぐマッチングプラットフォームの「PickGo」の運営

【資金調達の近況】KVPはシード期に出資。直近はシリーズBラウンドとして累計20億円を調達。

【会社HP】https://cb-cloud.com/


代表的な投資先企業:ノイン


画像出典元:会社HP https://noin.tv/


【事業概要】日本最大級のコスメショッピングアプリ. スマホでコスメが簡単に購入できるネットショップアプリの「NOIN」の運営

【資金調達の近況】KVPはシード期に出資。直近はシリーズBラウンドとして8億円を調達。

【会社HP】https://noin.tv/


代表的な投資先企業:助太刀


画像出典元:会社HP https://suke-dachi.jp/


【事業概要】職人と現場をつなぐアプリ「助太刀」を開発・運営

【資金調達の近況】KVPはシード期に出資。直近はシリーズBラウンドとして7億円を調達。

【会社HP】https://suke-dachi.jp/


その他投資先企業

  • スペースエンジン(オンラインブランドの卸・仕入れのマーケットプレイス)

  • Netelly(次世代エンターテインメントショーアプリ)

  • セオリア(日本最大級 お金の専門家Q&Aサイト)

  • オープンルーム(不動産仲介のリモート営業サポート)

  • Ascenders(スポーツの人財にフォーカスした事業)

  • 日本法務システム研究所(法務・コンプライアンス分野のクラウドエディタ)

  • BtoA (Employee Experienceプラットフォーム)

  • 前人未到(非大卒向けのキャリア支援サービス)

  • Ineeza(supports engineering for blockchain ecosystems)

  • Hexabase(モダンなWEBシステム開発を加速させるエンタープライズに特化したBaaS)

  • トラーナ(お子様の成長に合わせたおもちゃ/知育玩具を定期的にお届け・交換する新感覚レンタルサービス)

  • yutori(ミレニアムコンテンツカンパニー)

  • ukka(食のD2Cプラットフォーム)

  • Buzzreach(患者様と治験実施医療機関を繋ぐ業界初のプラットフォーム)

  • Casie(定額制絵画レンタル)

  • ココノミ(自分好みの食材だけが届く「わたし仕様」の新しい食材宅配)

  • COTTEA(コーヒーEC)

  • Compass(LINEチャットボットでいつでも無料でキャリア相談など)

  • SOELU(ご自宅で人気インストラクターのレッスンを受けられるオンラインのヨガスタジオ)

  • 444(エンジニアのスキル判定・教育サービス)

  • Zypsy(Design Service)

  • TANOsim(3DCGギャラリーサイト)

  • REALISTA(訪日外国人旅行者に役に立つ情報を1分程度の短い動画で紹介など)

  • Flare(自家用車を活用した広告プラットフォーム)

  • IMCF(ファッションインキュベーター)

  • シューマツワーカー(副業プラットフォーム)

  • cycle(スマート栽培計画管理アプリ)

  • Game Server Services(使用量に応じた料金体系で、個人からプロまであらゆる規模で使える、ゲームサーバのクラウドサービス)

  • DIRIGIO(テイクアウトアプリ)

  • クランチスタイル(お花の定期便サービス)

  • Sasuke Financial Lab(保険に関するネットでの一括比較・見積り)

  • efit(AIによる高度な投資戦略を誰もが手軽に利用できる自動売買プラットフォーム)

  • Link Sports(スポーツチームマネジメントツールなど)

  • GATARI(現実を物語にするカメラアプリ『Vismuth』)

  • ネクストイノベーション(女性向けオンライン診察アプリ)

  • タノム(飲食受発注システムなど)

  • シナモン(VR空間での最適なユーザ体験を創るためのベースシステム)

  • RegulusTechnologies(「応募が来ない」を改善する採用サイト構築 + 採用管理システム)

  • メイプルシステムズ(SES契約管理を早く、正確、簡単に)

  • Autify(Testing Automation for Agile and Remote Teams)

  • Zehitomo(カメラマンやパーソナルトレーナーなどの、その道のプロに仕事を依頼できるマッチングサービス)

  • souco(空きスペースとスペースをご利用になりたい企業のマッチングサービス)

  • オムニス(サブスクリプション型のファッションレンタルサービスなど)

  • オメガ(ビッグデータを活用したアドネットワーク事業)

  • sider(コードレビュー自動化ツール)

  • kakutoku(完全招待制の営業支援マーケットプレイス)

  • アラームボックス(オンラインデータを活用した企業調査サービス)

  • POPER(塾専用コミュニケーション&業務管理システム)

  • agribuddy(カンボジア発の農業支援アプリ)

  • ドリコス(オーダーメイドアプリサーバー)

  • WEFABRIK(アパレル卸売・仕入れサイト)

  • ピアッザ(〜街のみんなで情報交換〜行政推奨の地域SNS)

  • Pricebook(家電O2Oプラットフォーム)

  • SARAH(おいしい一皿が集まるグルメコミュニティアプリ)

  • FAST JAPAN(Your Personal Assistant for Traveling in Japan)

  • Symmetry Dimensions(デジタルツインサービス)


まとめ

ANOBAKAの特徴は、ハンズオン支援で投資後もしっかりとサポート、投資先の次回ファイナンス成功率85%を誇ることです。シード段階のスタートアップに特化した投資・支援を行っており、オフィスサポートなども充実しています。興味のある方はぜひご連絡してみてください。

※概要欄に連絡先を記載しております。


なお、本記事は国内最大級の起業家・投資家・事業会社のマッチングサービス「スタートアップリスト(Startup List)」が提供しております。資金調達や事業連携先をみつけたいスタートアップはぜひご活用ください。

https://www.startuplist.jp/